フラットな気持ちで、物事を受け入れよう♪


by orangetaiyo
d0082974_2265113.jpg

ヘルシンキのヴァンター空港から愛を込めて。
フロム ベイベー。

サンタさんが来なくなって久しい。
となりのトトロが見えない大人。

小さい頃は宿題が嫌で、早く大人になりたかった。
今、思い描いた大人像になりきれてない。
自分の中にあの頃の子供が居て、今の私が形成されている。
だから、「自分はまだまだ子供だな」と思うのか。

一方、年輪の層が積み重なっているのが分かる。
層が厚ければいいなと思う。

日々是勉強だわ。
[PR]
# by orangetaiyo | 2014-08-30 02:26 | 日々
d0082974_3591745.jpg

ヘルシンキ ヴァンター空港から愛を込めて。
フロム ベイベー

サウナの榊の事が知りたくて、検索してたら

サウナにルールなし!

ってそこかしこに載ってるのに、
榊のことは載ってないんだよねー。

そこにルールがないってことだろう。

自由度高い!
[PR]
# by orangetaiyo | 2014-08-29 03:58 | 日々
d0082974_155166.jpg

ボルヴィック、飲まねばならぬ!
[PR]
# by orangetaiyo | 2014-07-04 01:54 | 平和メイト

全ては作品

d0082974_3124740.jpg

d0082974_312489.jpg

d0082974_3135174.jpg

d0082974_3135031.jpg

d0082974_3144055.jpg

シネ・リーブル梅田にて。 
ミスターGO!宣伝用に、劇場スタッフさん手作りだそう。
スゲスギル!
[PR]
# by orangetaiyo | 2014-05-23 03:11 | 映画
薬物中毒の母が育児放棄。
14歳のダウン症の少年を、ゲイカップルが育てようとする。
が、差別により、少年との生活に裁判所が絡み、
親子関係ははかなく崩壊する。
法律家の彼氏は、あらゆる手段を講じ戦おうと決めるが。

舞台は1979年。
これが実話に基づいた小説を原作としているってことが
重要。
それ以上に、
差別や偏見が、だーれも幸せにしないってことが
最大重要。
LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)が受け入れられつつある現代ではなく、30年以上前のお話。
そりゃ大変だと思う。

映画の中でわかりやすい偏見を受けることは無かった。
そんなことにフォーカスする暇がないほど、
「人間愛」を伝えることに力が注がれている。

ダウン症で、コミュニケーションが取りにくい上、
白血病で、目も悪い少年に、
ゲイの彼女はシンパシーを感じたんだと思う。
施設送りになる少年を、
「家族にする」って、本当に勇気がいったと思うんですよね。
彼女は口パクでショーをするドラッグクイーン。
その日暮らしで、お金に困っているしね。

彼女のアラン・カミングが超ステキなんですよね~。
歌手を夢見るって役どころで、
心情をを歌うんですが、その歌唱力たるや!
演技力があり、歌が歌えたら、もう最強!
アラン・カミング!そう、「グッド・ワイフ」の
議員秘書の口うるさいおっちゃんですよ。
それがおばちゃん役をしとる!
それもセクシー!!
どうやら、ご本人様もバイセクシャルらしい。
分かる!男子好きってにじみ出てる。
いや演技も凄いんだけれどねー。

エンタメ的にもすごいよい作品。
いっぱいの人に観てほしいんだわー。
あなたにも~。
[PR]
# by orangetaiyo | 2014-05-20 23:52 | 映画

上半期ベスト3

上半期の映画ベスト3は?と尋ねられて、
手帳をチェックしてみた。
観ている本数の少なさに愕然とした。
水曜日は出来るだけ映画を観るを自分に課しているが、それでも全然数がダメ。
そんな中、選んだ3本。

1 LIFE!
2 スノー・ピアサー
3 セッションズ


1 LIFE!について

ダントツ。
手放しで人に勧められる作品は、久し振り。
涙と笑い。素敵な音楽で、最高。
これぞエンタメ作品。
誰が観ても楽しめる作品と思う。


2 スノー・ピアサーについて

アイデアが斬新。
社会的格差とか環境問題とか、テーマが散りばめられている。
映画で伝える問題提議。
映画の義務のようなもの。
そして、結末は、観る側に託す。これぞ醍醐味。


3 セッションズについて

今はなき、梅田ガーデンシネマで鑑賞。
シネコン作品ではない。これこそ梅田ガーデンシネマ。
首から下を動かせない青年の童貞喪失作戦の話。
主題はどうでもよく、生きる意味ってなんだろうと思う。
主題に隠された意図を読み解く事。それが映画。


映画部(会社で私が誘い映画を楽しむ会のことをこう呼んでいる)部員から
「好みでない映画をわざわざ観に行く意味ってなに?なに目指してるの?」と訊かれた。
「監督の成長を見たり、映画の話になったときに受け答えが出来るように観ている」と答えておいた。
そして「職業人の見方やで」と言われる。
[PR]
# by orangetaiyo | 2014-05-04 23:37 | 映画

奇跡とは、このこと。

d0082974_2595642.jpg

商品のクッションが、後ろに陳列されている。
丁度顔部分。
奇跡の顔ハメショット。
無修正。無調整。まんま自然ですろ。
[PR]
# by orangetaiyo | 2014-04-25 03:00 | 日々

誰しも、誰かの神様。

映画『LIFE!』は、生涯の○本を選べと言われたら、上位にランクイン。
だから、積極的に宣伝している。
映画の話になろうが、なるまいが。

で、もういったい何人に伝えたか分かんないってころ、
メールが届いた。
「メモを見て(どうやら私は東京の仕事のパートナーにメモで宣伝していたらしい)、次の日観に行きました。
映画の内容もよかったのですが、メモがうれしかった」と(メールで)言われた。
彼女の言葉を借りるなら、「高まった」!

映画の中で、神とあがめるフォトグラファーとの交流があるのですが、まさにソレ。
日常って、ドラマティックじゃないわけやん?
でも、私には、このメールがドラマティックだったん。

うーん、神やったね。

だから、私も「ええもんは、ええ!」とちゃんと伝えていきたいと思った。
大分、このブログはお休みしていましたが、「ちゃんつた」で、発信していこうと思います。

☆うちの姉ちゃんが、
 「あー、こんな映画やってたんか。知らんかった」っていうのがイヤやねん。
 「知って、観ない」って選択肢をたくさんの人に持ってほしい。
 だから、いいもんを「ええで!」って、知ってもらう機会を沢山作りたい。
 って言ってました。
 右に同じ!
[PR]
# by orangetaiyo | 2014-04-20 22:22 | 日々
d0082974_22245197.jpg

阿倍野ハルカスで、展覧会やってまして、ベイベーにお誘い頂き行ってきました。
なかなか面白く、スタンプラリーとか、やっちゃった~。
ふふふ!

ハルカス=近鉄百貨店が入ってるって知らなんだ~。
恥ずかち~。
なんか、庶民的な感じと高級感のミックス加減がとっても良かった!
懐かしの阿倍野やー!!
[PR]
# by orangetaiyo | 2014-01-11 22:23 | 日々
d0082974_22211925.jpg

期待作でございます。

F1シーンは、やっぱり大画面でしょ?!

それで、男の友情も楽しめるって最高!
[PR]
# by orangetaiyo | 2014-01-11 22:20 | 映画